• 自分でできる野良猫駆除方法とは

    時間を問わず大きな声で鳴いたり、様々な場所に糞尿をまき散らしたり、毛が舞い散ったりと、野良猫の被害に悩んでいる人も多いでしょう。
    野良猫が地域に増えてしまうと、その被害は増える一方になる可能性もあります。
    このような野良猫の被害を減らすためにも、野良猫駆除が大切になります。それでは野良猫駆除方法にはどのような方法があるのでしょうか。野良猫駆除方法の一つ目には、毒入りの餌を使用する方法があります。毒入りの餌を使用することで、ゴキブリなどの様々な害虫やネズミなどの駆除も同時に行えるというメリットがあります。さらには毒入りの餌を食べた害虫やネズミなどの死骸を野良猫が食べることによって駆除することもできます。


    しかしほかの家庭のペットが間違えて食べてしまわないように、注意する必要があります。

    毒入りの餌として一番用いられているものが、ホウ酸団子です。

    ホウ酸団子の作り方としては、ホウ酸50グラム、小麦粉30グラム、すりおろした玉ねぎ30グラム、砂糖小さじ1、これに牛乳と焼き肉を数滴たらします。



    これを丸めて団子状にして2、3日天日干しをしましょう。

    OKWaveを情報を幅広くご活用下さい。

    天日干しする際に食べられないように気を付ける必要もあります。

    天日干しが完了したら、これを自分の家のペットやまわりの家庭のペットが間違えて食べないように気を付けて設置しましょう。



    玉ねぎはネコには有害な食べ物であるため、ホウ酸に加えることで、さらなる駆除が期待できます。